EOS Sentry Ver3 2~8S バッテリーチェッカー + バランサー

0 レビュー | レビューを投稿 | Hyperion | HP-EOS08SENT3

 

Hyperionから最新の2016年モデルSentry3バッテリーチェッカー。バランサー機能とディスチャージ機能を搭載。

 

商品番号 HP-EOS08SENT3

 

 

商品説明

このEOS Sentry3は素早く、賢く、便利にバッテリーをチェックします。一目であなたのバッテリーパックの残量やセルバランス、その他バッテリーから最高のパフォーマンスと信頼性を得るために必要と思われる情報を表示し、今のバッテリーの状態を知ることができます。

特徴

  • 2S ~ 8S のHvLi, LiPo, LiFeに対応。 NiCdそして NiMh にも対応。
  • 最少セル電圧、最大セル電圧、セル間の最大の電圧差を表示します。
  • ストアモードではバッテリーを3.8Vまで放電します。 (放電レートは150mahです, このモードではLiFeバッテリーはサポートしていません)
  • バランスモードでは 自動でセル間の電圧をバランシングします。
  • 5 ~ 25V 補助入力電圧チェッカーポート
  • 大きく見やすい画面と簡単操作のメニュー
  • 電圧を計りたいバッテリーをつなぐことで電源を得ます。チェッカー自体に別にバッテリーは必要ありません。
  • EOS Sentry3は合計電圧と容量のパーセンテージの推定値を表示しバーグラフでも残量を表示します。※推定値のパーセンテージはあくまで目安ですので電圧で判断を行ってください。

ストアモード: 保管のためにHvLi, LiPoバッテリーを3.8Vまで放電します。LiFeには対応していません。ストアモードの放電レートは150mahでカットオフ電圧は3.8Vです。
※注意:ストアモード用放電が終了すると画面が消えますので、すぐにバッテリーをはずしてください。バッテリーをつないだまま長時間放置すると過放電につながります。

バランスモード: 各セルの電圧が同一になるように自動的にバランスを取ります。
※注意:このモードではバランスが合わないバッテリーの場合に放電を続けてしまうので、ある程度電圧が揃った時点でバッテリーをはずしてください。

 

Sentry3の使用について:

※バランス端子がXHタイプ以外のバッテリーは正常に読み取れない場合があります。その場合はバッテリーに対応したバランスアダプタを接続して測定してください。

  •  Sentry3でこれまでのHyperionタイプのバランス端子のついたHyperion G3バッテリーを使用するためには HP-EOSLBA-26CBLケーブル+ HP-EOSLBA-26HP-B マルチアダプターボードまたは HP-EOSLBA-7UCBL ケーブル + HP-EOSLBA-7U-B マルチアダプターボードを併用してください。これらのケーブルはHyperionの6セル及び7セル対応の充電器に付属しています。 2014年の中盤以降の Hyperion G3 パックとすべてのHyperion G6 HvLi パックはJST-XHタイプのバランス端子となっており、このタイプにはSentry3に直接使用することができます。

※NiMhは5~25Vまで測定が可能です。JSTコネクターでのみ接続できます。

  • 他のタイプのコネクター を使用し接続する際には、JST コネクターケーブル (ここをクリック) をご使用ください。

    ※警告: Sentry3の”STORE”モードを使用する際は長時間接続したままにしないでください。バッテリー容量が0%付近に達してしまったバッテリーをSENTRY3の”STORE”モードで接続したままにしないでください。内部コンポーネントの内部消費にりバッテリーを完全放電してしまい使用できなくなってしまいます。

 

* Sentry 3と旧式のSentry 2ほか他社ブランドのバッテリーチェッカーとの計測結果を比較した場合、必ずしも同じ数字にならないことがあります。

これは、Sentry 3には最新のバッテリーのテストデータを元に作られたアルゴリズムが組み込まれており、より高精度な計測を行っているためです。

"電圧と容量に関するより詳しい詳細は "マニュアル & サポート"のバッテリーチャートをご覧ください。

 

 

最初のレビューを書きませんか?

必要なパーツおよびアップグレード用パーツ (6)